離婚体験がある私のホンネと建前

離婚した人が職場にいますが、その接し方が難しいです。いろいろと経験したことについて記述します。

離婚体験がある私のホンネと建前

離婚した職場の人との接し方

離婚はドラマでもよくテーマになるように、日常茶飯事的な出来事です。ですから、職場でも離婚をした人が意外といます。一番驚くのが名前が変わっていることです。名前が変わる場合には、もう一つ結婚による場合がありますが、こちらの場合は喜ばしいことなので全然問題ないのですが、離婚による場合はびっくりします。同じ職場でなく、しかも業務上接点がないような場合であれば、内線電話一覧を見て連絡したところ、実は知っている人だったということがあります。全然知らない人だと思って電話したら、実は知り合いだったということで、久しぶりに話してうれしいと思う反面、どうして名前が変わったのか疑問に思ってしまいます。

こういったケースは女性についてしか起こりえません。ですから、それなりに気をつかいます。さりげなく接するようにしていますが、相手の名前を呼びにくくて、ぎこちない接し方になってしまいます。同じ職場ではありませんが、二重不倫による離婚がありました。当事者を全員知っていたので、非常に驚きました。夫が、職場の既婚女性と不倫して、同じ会社に勤めていた妻と別れ、その不倫相手の既婚女性も離婚し、不倫相手同士で再婚してしまいました。文章にするととてもわかりにくくなってしまいますが、実際にどろどろとしたものになってしまいました。2人とも何事もなかったかのように、普通に勤務していますが、見ている方からはその心境を理解することができません。職場には、いろいろな人間が存在します。それだけ、いろいろな人間関係が存在するということです。

Copyright (C)2019離婚体験がある私のホンネと建前.All rights reserved.