離婚体験がある私のホンネと建前

離婚後の慰謝料や養育費等の未払いによるトラブルを防ぐために離婚協議書を作成しておくことが大切

離婚体験がある私のホンネと建前

離婚届を提出する前に離婚協議書を作成しましょう

離婚をする際に必要な手続きは、離婚届に記入をして市役所に提出するだけ、と考えている方も多いでしょう。確かに、離婚届に記入して市役所に提出すれば離婚は成立します。しかし、離婚前にやっておくべき手続きはそれだけではありません。慰謝料や財産分与、お子さんがいる場合には養育費や親権等についての手続きも重要です。

これらの手続きについて、話し合いが済んでいるので問題ないと思っている方は注意が必要です。話し合いだけでは法的な拘束力が少なく、いざ慰謝料や養育費などを支払ってもらえなかった場合にトラブルになってしまうことが少なくありません。支払いについての同意を口頭でしていても、それを証明するものがないため、泣き寝入りしてしまうというケースもあります。こういったトラブルを防ぐためにも、離婚届を提出する前に、離婚協議書という形で双方の同意を書類に残しておくことが大切です。

離婚協議書はサンプル等がインターネットにあるため、自分たちで作成することも可能です。しかし自分たちで作るには、法的な解釈などが難しく、不完全になってしまうことも多くあります。そのため協議離婚のように話し合いで離婚が成立するような場合であっても、離婚協議書のような書類の作成には弁護士さんに依頼をする方が安心です。離婚して新たな人生をそれぞれが歩むわけですから、離婚後のトラブルを未然に防ぐためにも、離婚前の話し合いと離婚協議書の作成が重要です。

Copyright (C)2019離婚体験がある私のホンネと建前.All rights reserved.