離婚体験がある私のホンネと建前

離婚で条件等、お互いの主張が話し合いでまとまらない時は、法律のプロである弁護士に相談することが重要です。

離婚体験がある私のホンネと建前

離婚、法律のプロである弁護士に相談することが重要です。

離婚をする時には様々なことが問題となります。夫婦が結婚生活の中で貯めた財産があれば、財産分与をどうするかということが問題となります。また、離婚の原因が夫婦のどちらか一方に否がある場合は、慰謝料の問題が出てきます。そして、夫婦の間に未成年の子供がいる場合は、どちらが子供の親権を持つのか、親子の面会はどのように行うのか、養育費の支払いはどうするのかといったことが問題となります。

これらの問題を話し合いだけで解決できれば、協議離婚となりますが、話し合いがまとまらなかった場合は、裁判所に調停を申し立てる、調停離婚となります。調停でも話しがまとまらなかった場合は、調停にかわる裁判が行われる裁判離婚になります。

このように、話し合いが夫婦の間でまとまらないと、裁判にまで発展してしまうのです。話し合いがまとまらないということは、お互いが自分の主張を通したいという思いでぶつかっているからです。自分の主張を通すということは、裁判に勝たねばならないのです。この裁判に勝つには、法律の知識が必要になってきます。また、離婚を考える二人ですから、話し合いの段階でも間に誰かに入ってもらった方が冷静に話ができ、第三者の目もあって安心です。そこで法律の知識を豊富に持っている弁護士に相談するのが、一番よい方法なのです。自分の主張を通して、悔いのない結果にするためには、感情論だけでは通用しないのです。法律のプロである弁護士に依頼することが重要なのです。

おすすめサイト

Copyright (C)2019離婚体験がある私のホンネと建前.All rights reserved.